2019年12月8日日曜日

税金のここがムカつくベスト3

税金のここがムカつくベスト3

納税は国民の義務です。
憲法でも国民の三大義務として定義されてます。



















私はサラリーマンです。
税金は給与から自動で引かれるので
おそらく会社が変な事してない限り、
しっかりと税金は納めていると思います。


ただ、税金の問題はたくさんあると思います。



国民全員が関連する内容だけに
問題は明確にしてあるべき姿を目指すべきです。


この記事を見ると
税金のどんな所が問題か』を共有出来ます。


合わせて
『お役所仕事マインドの問題点』も共有していきます。


なぜなら私は
このお役所仕事マインドに取り憑かれた人間の
多くの犠牲者の内の一人だからです。


この記事の最後には
『この先、我々はどうすれば良いか?』
も書いていきたいと思います。



それでは早速、行ってみましょう。




税金のここがムカつくベスト3



第3位
『使途が分からない』


国民の義務は分かるんですが、
税金をそもそも何に使うのか分からないです。


ちなみに以下は国税庁の令和元年の
歳入と歳出(国の収入と支出)内訳データです。


歳入(国の年間収入)


歳出(国の年間支出)



































ソース:国税庁 税の学習コーナー

うんうん、、、
年間101兆円の収入と支出で釣り合ってるのね。


えーと国民の人口が約1億2600万人だから、
国民一人あたり約84万円になりますね。


ただ日本人の中には未就学児など
働いてない人も沢山います。


実際に働いている人は
日本人口の約半分程度と言われてますので
労働人口一人あたりの税金負担は
168万円/年という事になりますね。
(かなり単純計算してますが)


という事は
年間168万円以下しか税金払ってない人は
もっと払ってる人に助けてもらってる事に
なりますね、、、


一般の40代のサラリーマンは
この倍くらいは払ってるんじゃないでしょうか?
つまり年間330万円もの税金を払ってる。
実際、私もこんなもんかもしれません。



大体全体像は分かったけど、、

サラリーマンの税金負担多すぎじゃね?



大体、何に使ってるんだよ。


歳出の内訳見ると、、
・社会保障費 34%
・公共事業 7%
・教育科学技術 5%
・国防費、経済協力費 6%

・地方交付金 16%
・国債費 23%
・その他 10%


うーん、ややこしいな。
でもまぁ国防費、経済協力費までは分かった。
100歩譲って、今回は見逃してやる。


ただ残りの50パーセントが問題だ。


地方交付金 16% 
国債費 23%
その他 10%     ってなんだ?


使途が分からないじゃん。


大体地方に交付する金なんて、
国が何に使うか把握してるのか? あ?


ろくに査定もせずに、
毎年このくらいは払ってるんで、、、って
テキトーにやってるだけだろ?
ふざけるなと言いたい。


地方交付金については
俺が徹底的に査定してやるから
中味全部見せろと言いたい。


会社でやられてる様に徹底的に
『本当にお金を使う価値があるか』
『1件1件全部、オレが納得するまでいじめてやる』


そのくらいしないとダメでしょう。
大事な国民の税金なんだから。




それから、国債費23%って何だよ。


早い話が
『政府が国民に借りた借金と利息だろ?』


何で政府が国民に借りた金の利息を
国民自身が返さなきゃならんのだよ。あ?


テメーでケツ拭けって話だろ?


これについては簡単だ。


どうせ国債買ってるような連中は
金持ちのジジイばっかりなんだから、
死んだら相続税で全部取っちゃえ
(ゴメン言い過ぎた)


それか海外FXでも何でもやって
政府自身が金稼いでこいバカヤローと言いたい。
何でも国民に頼るな。


借金をしたのは政府なのだから、
政府自身が金を稼いで返すのが正しい。


一番許せないのが、、、
その他10%だと?


その他10%? 金額で言ったら10兆円だぞ。


お前、10兆円をその他で片付けるのか?


税金を払ってる40代サラリーマンからすると
年間約330万円の税金のうち、


『33万円は、なんか分からんけど頂戴ね』
『まぁ勝手に給与から引いとくけど』


と言ってるのと変わらんぞ。


年間33万円はオレの小遣いに匹敵する金額だぞ。


ふざけるなと言いたい。


ここまでのまとめ



税金の約半分は使途不明金。

その分はムダの可能性が高い。

徹底的に査定する必要がある。



第2位
『種類が多すぎる』


税金はどのくらい種類があるか?
調べるとめちゃくちゃあります。


一体、何の名目で取ってるのか?
私なりの解釈でまとめていきます。


・所得税:  働くと罰金ね、ヨロシク

・消費税:  買い物したら罰金だよー

・固定資産税:  資産なんか持ってたら罰金だよ

・住民税:  どこに住んでもショバ代払ってね

・酒税:  お酒は贅沢品だから飲んだら罰金ね

・タバコ税:  とにかく吸ったら罰金ね

・ガソリン税:  ガソリン使うと罰金だよ。

・自動車税:  クルマは持ってるだけで罰金ね。

・法人税:  起業なんかするから、、ハイ罰金

・相続税:  あれ?死んだ?じゃあ根こそぎ罰金

・贈与税:  お金を人にあげたらダメ。罰金なの。

・年金:  若い奴はとりあえず罰金ね

・介護保険料:  歳とっても罰金あるよ。ヨロシク


ちなみに逆に
働かなかった場合は賞金が出ます。

・生活保護:  働かなかったのね。じゃあご褒美。



これ許せますか?
国はどんだけ強欲でアホなの?


とにかく、納税は国民の義務かつ
国民は最低限度の生活を送る義務がある。

これは分かるが、


昔から決まってる事だから、、、
今更、税金は減らせません


と言う『お役所マインド』が許せない


税金は本当にもっと減らせないか?
真面目に考えた事あるのか?

第1位
『不公平感がある』


これについては以前に
『サラリーマンのスーツは必要経費にすべき』


でも言いましたが、

『税金は取りやすい所から取る』
という基本理念が気に入らないんですよね。


それに最近は消費税アップだ
インボイス制度だとか言って
『貧乏人からもたくさん取ろうとしてるし』


いやいや、
もっと法人税とれよ。
儲かってる企業から沢山取るべきでしょ?


どうせ、消費税なんか
企業のエライさんと政治家はつながってて、

ゴニョゴニョ密談して
法人税は減らして貧乏人からも取っちゃえ

って決めたんでしょ?


まぁ消費税アップは
国民全員から取るので、

不公平感が無くなる方向 ではあるけど

『だったらその分、所得税減らせよ バカ』
と言いたい


とにかくサラリーマンは
これまで税金が減った試しが無いんだよ。


それは税金を取りやすいからだろ?


すなわちこれを
『不公平感と言わず何と言う?』


まとめ

税金の問題点

・『税金の使途が分からない』

・『税金の種類が多すぎる』

・『不公平感がいつまで経っても解消しない』


これからどうすれば良いか?

お役所マインドの公務員はクビにして
民間企業からどんどん出馬する。


どんどん世の中が変わる激動の時代に
『昔から決まってますので』
『税金は減らせない』とか
言ってる政治家もクビにするべき。


何よりやるべきは
国民一人一人が政治に関心を持って、
意見を積極的に発信する事』
だと思います。



個人的には
名古屋の河村市長 『減税日本』とか
応援したいですね。




以上です。

皆様からのご意見お待ちしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿