2020年7月5日日曜日

GPD WinMaxはコスパ最強のUMPCだ。実は今が買い時の理由

GPD WinMax(左)とGPDWIN2 (右)
GPD WinMax(左)と GPDWIN2 (右)


ゲームコントローラー付きの
モバイルパソコンってやっぱ素晴らしい

GPD WinMax
2020年9月12日発売 GPD WinMax

GPD WIN MAX はコスパ最高のUMPC
(UMPC=ウルトラモバイルPC)

正規日本代理店 天空より次世代UMPC
 『GPD WinMax』が発表されました。

GPDとは日本・アメリカで大人気の
GamePad Digital社が手がける
ゲーム・エミュレータを得意とする高性能小型
デバイスのブランドです。

これまで
Android版のGPD xd plusやWindows版のGPD Win2などの小型モデルがリリースされていました。




GPD XD Plus




これら小型タイプに対して、2020年より
新たに強力なパフォーマンスを持った
ハンドヘルドPCモデルが投入されています。

GPDシリーズの開発予定とGPD Winmax の位置づけ
GPDシリーズの開発予定と
GPDWINMAX の位置付け


そんなGPDシリーズの2020 年最新の
高性能UMPC それが『GPD WinMax』です。


本記事を読むと





が分かります。


GPD WinMaxのスペック&外観

GPD WinMax(左)とGPDWIN2 (右)
GPD WinMax(左)と GPDWIN2 (右)



モニタサイズ:  8インチタッチパネル液晶

モニタ解像度:  1280×800

OS:Windows 10 home

CPU:  Core-i5-1035G7

RAM:  16GB

ストレージ:512GB SSD

本体サイズ:  幅207mm×奥行き145mm×厚さ26mm

インターフェイス: 
・フルキーボード(18mmピッチ特殊配列)
GPD Winmaxのキーボード配列
ファンクションキーが2段の特殊配列

・ゲームコントローラー
 左右アナログスティック(L3,R3押し込み可)
    十字キー、ABXY、 L1,L2,R1,R2

・タッチパッド(押し込み可)

GPD Winmaxのインターフェイス

拡張ポート:
 MicroSDXC、HDMI、USB-A×2、USB-C
Thuderbolt3、有線LANポート、リセットボタン

GPD Winmaxの拡張ポート
 
その他:イヤホンジャック、
     マウス⇄十字キー切替スイッチ付き
マウス使用可能

質量:  790g

バッテリー:5000mA×3(57Wh、11.4V)

HiGUCHIさんによる詳細レビュー動画:
『神機と絶賛されています』



GPD WinMaxが
コスパに優れる理由


同レベルの他社PCとの性能・価格比較

Surface 、MacbookAir と比較
  GPD WinMax Surface LapTop3 MacbookAir MVH22J/A
 CPU Corei5 1035G7 Corei5
1035G7
 Core i5
1.5GHz/4コア
 GPU Iris Plus
Graphics 
940
 Iris Plus
Graphics 
940
 Iris Plus
Graphics 
940
 モニタ 8インチ 13.5インチ 13.3インチ
 解像度 1280×720 2256×1504 2560×1600
 ストレージ SSD
512GB
 SSD
256GB
 SSD
512GB
 メモリ 16GB 8GB 8GB
 実価格 105000円 140000円 135000円

GPDWinMaxはモニターが小さく低解像度だが
その分コンパクトで、
同レベル他社製品より
実売価格で3万円以上安い事がわかる。
(2020年7月現在)



GPD Win2との性能・価格比較

左:GPDWin2  右:GPDWinMax
左:GPDWin2  右:GPDWinMax

また前モデルと比較してもコスパが向上している

こちらは前モデルGPD Win2との
CPU性能&価格の比較です。

  GPDWin2 GPDWinMax 
 CPU性能 Passmark 3800 10300
 実売価格(円) 88300 104600
 性能/価格(コスパ) 0.0430 0.0984

一番下の性能を価格で割った値が、高い方が
コストパフォーマンスが良いと言えます。
(価格の割に性能が良い=コスパに優れる)


コスパをグラフで比較したものがこちらです。
コストパフォーマンスのグラフ比較
実にGPD WinMaxは前モデルGPD Win2に対して
2倍以上もコスパに優れると言える。

OneGxとの価格・性能比較

同じくゲーミングUMPCの
OneGxと性能・価格比較した表がこちら。

※OneGxにはRAM8GB〜16GB,ストレージ違い等
 複数のモデルが存在する為、
 GPD WinMaxと条件を合わせる為、
 同じRAM16GB、ストレージ512GBモデル
 で比較を実施

製品名 OneGx GPD Win Max
写真
価格 129800円 104600円
OS Windows10 Windows 10
CPU Corei5 10210Y Corei5 1035G7
RAM
ストレージ
16GB
512GB
16GB
512GB
バッテリー容量 12000mAh 15000mAh
モニター
7インチ 8インチ
重さ 765g
790g
長所 コント
ローラー
取り外し可能
とにかく
高性能
高コスパ
短所 CPUやや劣る 一体型
コントローラー
筆者オススメ度 ★★★ ★★★★★

OneGxはコントローラーが取り外せて
見た目がスイッチみたいで気を引きますが、
CPU性能はGPD WinMaxの方がかなり上です。


画面も7インチに対し8インチとやや大きく
価格もGPD WinMaxの方が安いので
筆者はGPD WinMaxをオススメします。


OneGxは私の大好きな吉田製作所さんが
実機レビューされてますね。





今が買い時である4つの理由


・今は空前の自宅副業ブームで個人PCは必須
・給付金10万円の有効な使い途として
・GPDシリーズは待っても安くならない
・欲しい時が買い時


買い時の理由1:

『今は空前の自宅副業ブーム』


何か新しい事を始めようとすると道具が必要。

GPD WinMaxは優秀なパソコンなので強力なツールとして新しい事始めをサポートしてくれます。

・ブログやyoutubeの動画編集
・officeを使った資料作り
・懐かしのゲームのプレイ動画配信

512GB内部ストレージ+MicroSDスロット拡張。

そして強力なCPU性能のGPD WinMaxはストレスなくそれらを実現します。


買い時の理由2:

『給付金10万円の有効な使い途として』



『そんなもん税金・生活費で使っちゃったよ』

確かにその通りかもしれませんが、元々それらは
給付金が無くても払っていたお金です。

給付金は100年に1度の国からのボーナス。
個人消費を促す国策です。


せっかく国が支給してくれたお金です。
何か形に残る物を買った方が良いかも。



買い時の理由3:

『GPDシリーズは
 待っても価格が下がらない』


こちらは前モデルGPD Win2の価格推移です。

GPDシリーズの価格推移


発売されて1年は価格がほとんど変わらず
2年後に一瞬下がり、また元に戻っています。


GPDシリーズはコアなマニア受けするアイテムなので、時間が経ってもなかなか値下がりしません

少し経てば安くなるだろう作戦が通用しないので
定価で買えるうちに買ってしまう方が良いです。
(Shield TabletやSwitchなどが良い例)


買い時の理由4:

『欲しいと思った今が買い時』

 最後はこれに尽きると思います。



GPD WinMaxがある日常


・クールな大人の仕事道具・おもちゃとして

・机でもソファーでもやりたい事が全て出来る

・昔のゲームで思い出に浸る事も可能

・疲れた大人には息抜きも必要だ。

・いつでもどこでも充実した時間を過ごす

・マシンが良いと最新のゲームもサクサクだ。



オススメの使い方


専用のコントローラーが付いているので
様々なゲームが楽しめます。

海外の強者によるプレイ動画
(ゲームプレイは11:47辺りからです)



GPDシリーズの良い所


コントローラーの耐久性が高い
 GPDのコントローラーは日本アルプス社製の
 500万回に耐える高耐久コントローラーです。
 
安心の国内サポート
 GPDシリーズは国内サポートが充実。
 GPDwin2の時もヘタッたバッテリー交換や
 ボタンの交換・内部クリーニングを
 2年経った今でもサポートしてくれているので
 国内代理店の天空は信頼できると思います。
 (本社は東京の渋谷)

GPDWinMaxのサポート体制
GPDWinMaxのサポート体制


価格

天空オリジナルケース・フィルムなど
9点のサービス品付きで送料込みで
この性能でこの価格なら安いかも。



小型高性能PCを検討されている方は
良かったら参考にしてみて下さい。

ちなみに私は給付金でこれを買います。(笑)


9/12追記
私の大好きなデイリーガジェットさんでも
実機紹介されてされてますね。
ワクワクする様な爆速名機だそうです。


拡散をお願いします。



  

このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿