2021年1月24日日曜日

Apple純正のearpodsはリモート会議に使えるのか?見極め方法と最安品の入手方法

リモート会議に最適なヘッドセットはApple 純正のEarpods

在宅ワークや会社でリモート会議を自席で小声でやりたいんだけど最適なヘッドセットは?

結論:
安くてノイズの少ないApple純正earpodsが最適


Apple の純正earpodsってwindows パソコンでも使えるの?

結論:
Yes。普通にマイクもイヤホンも同時に使える。
ただしパソコンと相性問題がある。


パソコンとの相性問題の見極め方法は?

結論:
Macなら100%使える。
Windows なら
パソコン端子のヘッドセットのマークを見ればすぐに分かる。


偽物ではなくApple純正のearpodsが欲しい。

結論:
下記のリンクから確実に本物が買えます。
しかも安い。


緊急事態宣言が発令され、企業などでも積極的に3密を避ける為、リモート会議、在宅ワークが
全国的に推進されています。

中には会議室ではなく、自分の席でリモート会議
を行っている人も多いと思います。

そんな時の困り事が、
・周りがうるさくて相手の声が聞こえない。
・自分の声が周りに漏れて恥ずかしい。
・もう少し小声でリモート会議をやりたい。

それを解決するのがヘッドセットなのですが
ちゃんとしたのを買うと高いし、大きくて邪魔。
ヘッドセットは大きくて邪魔


心配いりません。
Apple 純正のearpodsで充分です。


Apple 純正のearpodsの良い所・特徴は
『安くて』『場所を取らず』『性能が良い』
まさに3拍子揃った理想的なヘッドセットです。

しかもamazon などで純正が簡単に入手出来ます。
最近、半額になってコストパフォーマンスも最高です↓

筆者も会社でwindows パソコンで使っています。

ただしパソコンによっては相性問題もあるので
記事にしておこうと思います。

本記事を読むと
・自分のパソコンで使えるかどうか見極める方法
・実際にリモート会議で使った感想
・確実にApple 純正品を入手する方法
が分かります。


会社・オフィスのパソコンでApple のearpodsは
使えるのか?

相性問題を見極める方法


イヤホンプラグの種類

イヤホンのプラグには複数の種類があります。
イヤホンプラグの種類
この先端の黒い線の数によって見分けられます。

黒い線の数が1本の場合
 モノラル端子(2極端子)

黒い線の数が2本の場合
 ステレオ端子(3極端子)
ステレオ端子(3極端子)

黒い線の数が3本の場合 ※earpods はコレ
 ステレオ+マイク(4極端子)
ステレオ+マイク端子(4極端子)
さらに4極端子にはCITAとOMTPの2つの規格があります。(ここがややこしい)

 OMTP規格:
 OMTP(Open Mobile Terminal Platform)。海外モデル、Xperia(の2011年ごろまで)はこちら。

 CTIA規格:iPhoneはこっち
 CTIA(Cellular Telephone Industry Association)。iPhoneはこちら。日本ではこちらが主流。

iPhone6Sまで付属していたApple純正earpodsは
端子に3本線があり、4極端子のCTIA規格。

ちなみに企業で使っているノートパソコンは
機密安全上、最新のwindows 10か古くてもwindows 7を使っている事が多く、ほとんどがCTIA規格です。(2021年の段階で)

つまり、会社のWindowsパソコンはiPhoneのearpodsがほとんどの場合、そのまま使える。

最も簡単な見極め方は
パソコン側のイヤホンジャックを確認する。
パソコン側の端子

ここの部分に
パソコンのイヤホン端子拡大
この様なヘッドセットのマークが有れば
ほぼApple 純正のearpodsがそのまま使えます。


ここまでのまとめ
・イヤホンプラグの種類は色々あるが
 パソコン側にヘッドセットのマークが有れば
 ほぼそのままApple純正earpodsは使える。
(ステレオ音声+マイク機能が付いている)


実際にリモート会議で使った感想


実際にリモート会議で使った感想ですが、
一言で言うと、『とても使いやすい』

ノイズもなく、小声で話してもしっかり聞こえるし、そしてなかなか壊れない。

小さいので机の上に置いても邪魔になりません。

クセがなくどこまでもクリアな音質。
低音の強調も過度の高音強調もなくとても自然。
さすがApple 純正って感じです♪。

まさに『安い』『場所を取らず』『性能が良い』
の3拍子揃った理想的なヘッドセットです。


ではどこで手に入れるのがベストか?
くれぐれもニセモノを買わない様にして下さい。

確実にApple 純正品を入手する方法


Amazonで買えるものが本物の正規品なのか
実際に私が買って確かめてみました。
Amazonでの購入履歴

そして届いた商品の開封写真がこちら
earpods開封写真その1

ちゃんと正規の入れ物に入ってます

音質も操作性も間違いなく本物です。


まぁ
書いてあるからニセモノな訳無いんだけど笑。

絶対にニセモノと間違えないコツは
Amazonが発送するものを選ぶ事。
(Amazonとappleは提携しており確実に本物が届く)

もし確実に本物を手に入れたいなら
下記リンクから購入をオススメします。


まとめ


・安くて小さくて高性能なApple純正earpodsは
 リモート会議、テレワークにも最適

・パソコン横に置いても邪魔にならないので
 1つ買っておいても損はない。

2020年よりこの純正イヤホンは半額に下がった
のでとてもお買い得になっています。



本日は以上です。

関連記事
2020年10月19日月曜日
AirPodsを今さらレビュー。
純正イヤホンと音比較した結果


良かったら拡散をお願いします。   このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿