2020年4月26日日曜日

iPhoneSE【2020】レビュー。 コスパ最高の爆速端末だが注意も必要

iPhoneSE(第2世代)とiPhone8
iPhoneSE(第2世代)とiPhone8

iPhoneSE(第2世代)は
『やっぱ指紋認証が便利。そして爆速』
『だけど注意すべき点もあるよ』(後述)


AppleよりiPhoneSEが発売され、
4/24に入手しましたのでレビューします。

iPhone8から乗り換えをした筆者自身が
起動時間、antutuベンチマーク、写真の写り
の違いも比較しています。


本記事を読むと

が分かります。

これからiPhoneSE(第2世代)に買い換える人
は必ずチェックしておいて下さい。


iPhoneSEの良い所3つ


順番にいきます。

iPhoneSEの良い所:その1

安くて高性能 コスパも最高

iPhoneSE(第2世代)はこれまでのiPhone
と比べてかなり安いです。

価格の比較
iPhoneSE 第2世代は64GBで44800円と
これまでiPhoneよりだいぶ安いです。

これまでスマホは高性能・高スペックの流れで
どんどん高価格化が進んで来ました。
一方で安価な中国製のAndroid端末も発表され
『いくら何でも高すぎる』という意見も
聞かれる様になって来ました。

そんな流れを察知したのか今回の新型SEの価格
はとても競合力のある価格となっています。

そして性能ですが
こちらもかなり高性能化されています。

以下はAntutuベンチマークの結果です。
iPhone6s A9 14万4000
iPhone7  A10 21万7000
iPhone8 A11 33万4000
iPhone10 A11 31万1000
iPhone11 A13 56万4000
iPhoneSE A13 49万1000

ここで8→10で性能が落ちた様に見えるのは
画面サイズ大型による影響が大きい。
(実際に遅い訳ではない)

iPhoneSEは高性能で低価格で
大変コスパに優れるモバイル端末と言える。


ちなみに筆者の環境で2年使ったiPhone8と
新品のiPhoneSEを実際に計測した結果

iPhone8   268994
iPhoneSE 495369 の大差がつきました。
iPhone8 antutuベンチマーク結果
iPhone8 antutu ベンチマーク

iPhoneSE antutu ベンチマーク


(iPhoneSEは8のデータをバックアップした後
 で同じ状態から比較)
iPhoneSE とiPhone8
左iPhoneSE 右iPhone8(この状態で比較)


あと電源オフ状態→立ち上がりまでの時間は
iPhone8 33秒 に対して
iPhoneSE 26秒 でした。
体感的にもかなり早くなっています。


ここまでのまとめ:
iPhoneSE(第2世代)はiPhone8と見た目は
そっくりだが、めちゃ快適で高性能端末。




iPhoneSEの良い所:その2

指紋認証の復活

iPhone8の販売が終了した今、指紋認証に対応
しているiPhoneはiPhoneSE【第2世代】のみ
となりました。
iPhoneの指紋認証を設定中
iPhoneの指紋認証を設定中

Face IDも顔を向けるだけで認証してくれて
良いと思うのですが、やっぱ指紋認証の方が
確実なんですよね、、、寝起きとかマスクとか
反応しないし。

特に最近はコロナでいつもマスクしてるので
Face IDってイマイチだなぁって思っていた人
には最適な端末だと思います。




iPhoneSEの良い所:その3

軽くて使いやすい

iPhone SE(第2世代)はとても軽いです。
下記は歴代iPhoneの重さ比較です。


iPhoneの重さ比較
iPhoneの重さ比較

グラフの通り、
iPhoneSEはiPhone8と同じ148gであり、
現行のiPhoneの中では最軽量となっています。

人によってはiPhone11に対し-46g、
iPhone10に対して-26gでそんなに変わるのか
と思う方もいるかもしれないが、
実はこの差は大きい。

スマホを持って操作する姿勢を維持するのは
思ったより腕に負担がかかっている。

10分〜15分を過ぎると確実に疲労が溜まるので
長時間スマホを使う方には軽いiPhoneSEは
魅力的な選択になるはず。



ここまで
一見すると良い所ばかりのiPhoneSEですが
イマイチな点もいくつかあります。



iPhoneSEの注意すべき点




iPhoneSEの注意すべき点:その1

バッテリー容量が最新と比べて少ない

こちらは歴代iPhoneのバッテリー容量比較です。

iPhone6S  1715mAh
iPhone7 1960mAh
iPhone8 1821mAh
iPhone10 2716mAh
iPhone11 3110mAh
iPhoneSE(第2世代)1821mAh

iPhoneSEはバッテリー容量が少ないです。
iPhone8と同等の容量しかありません。

ただし容量が少ないと言ってもappleの省電化
技術は進化しており一概に電池が持たない
という訳ではありません。

こちらはapple公式の駆動時間です。
ビデオ再生時の駆動時間比較

iPhone6S  11時間
iPhone7 12時間
iPhone8 12時間
iPhone10 12時間
iPhone11 17時間
iPhoneSE 13時間


こう見るとiPhoneSEのバッテリー駆動時間は
最新のiPhone11と比べると劣るが
歴代のiPhone6,7,8の同等以上と分かります。

性能が良くなってバッテリー容量も増えてない
のにバッテリーの持ちは同等以上ということは
Appleの省電力技術が進化したと
考えて良いと思います。素晴らしい。

ここまでのまとめ
iPhoneSEのバッテリー容量は1821mAhと
最新のiPhone11の3110mAhと比べると貧弱。

ただし、電池の持ち自体は
iPhone6,7,8よりは同等以上で実用性は充分。



iPhoneSEの注意すべき点:その2

画面サイズが最新と比べて小さい

画面サイズ比較

iPhone6S  4.7インチ
iPhone7  4.7インチ
iPhone8 4.7インチ
iPhone10 5.8インチ
iPhone11 6.1インチ
iPhoneSE(第2世代)4.7インチ

iPhoneSEはiPhone8までと同じ4.7インチ
なので最新のiPhone10、11と比べると
画面サイズが小さいです。
これは最新と比べると見劣りする部分です。

ただし画面上部のノッチ(切り欠き)がなく
完全スクウェアの画面であり、
iPhoneSEの完全スクウェア画面

iPhoneX以降の切り欠き
iPhone10以降の切り欠き


あとバッテリー残量が常時数値表示出来ます。
(iPhoneX以降なぜか出来ないらしい)
iPhoneSEのバッテリー残量常時表示
iPhone SEは常時バッテリー残量表示に対応

個人的にはX以降の切り欠き(別名M字ハゲ)
はカッコ悪いと思うのは私だけでしょうか?



ここまでのまとめ
iPhoneSEは最新のiPhoneより画面サイズが
小さくその分表示される情報量も減る。

ただしM字ハゲがなく、バッテリー残量も
常に表示出来る安心の設計である。



iPhoneSEの注意すべき点:その3

3Dタッチ廃止

iPhoneSEは
こっそりと3Dタッチが廃止されています。
(画面を強く押し込むと追加メニューが出る奴)

iPhone8の3Dタッチ機能
(ショートカット機能)
これは廃止されている


もし使っていた人は意外と盲点なので
買う前に良く考えた方が良いかもです。

ちなみに筆者は今まで全然使わなかったので
全く影響を受けない派です。



iPhoneSEの注意すべき点:その4

カメラの性能が最新と比べて劣る

iPhoneSEのカメラはiPhone8と同等のレンズ
画素数で最新のiPhone11と比べると見劣りします

ちなみにグラフィックエンジンは
8と比べると進化してるそうですが、、、

カメラiPhone8とiPhoneSEの比較

写真1
iPhone8の写真 (近景)
iPhone8の写真 近景

iPhoneSEの写真(近景)
iPhoneSEの写真 (近景)


写真2
iPhone8の写真(中遠景)
iPhone8の写真 中遠景

iPhoneSEの写真(中遠景)
iPhoneSEの写真(中遠景)


比べてもよく分からないです(笑)

あえて言うならば
iPhoneSEの方が露出が明るめかな、、
この辺りは設定の問題もあるかもしれないので
分かり次第追記します。

ここまでのまとめ
iPhoneSEのカメラはiPhone8と基本同じ。
カメラにこだわりのある人には
あまり向いてないかもしれない。
そこまで広角でもない。

iPhoneSEの注意すべき点:その5

iPhone8ガラスフィルムがそのまま使えない


iPhoneSEにはiPhone8と同じガラスフィルム
がそのまま使えません。
iPhoneSE ガラスフィルムの浮き
iPhoneSE ガラスフィルムの浮き

こちらの写真の様に端部に浮きが発生します。
(画面両端が浮いてくる)

iPhone8は綺麗に貼れてますが
iPhoneSEは浮いて来てしまいます。
左がiPhoneSE(浮きあり)右iPhone8(浮き無し)


ネットを見ると同じ意見が既に出ていて
こちらの対策品を使うと大丈夫な様です。


(失敗した筆者はクソ、、貼り直しかよ)

皆さんは最初から対策品を購入する様にして
下さい。


iPhoneSEの買い替えに向いている人


iPhoneSE(第2世代)は
✅安くて高性能 コスパは最高
✅指紋認証の復活
✅軽くて使いやすい ので
iPhone8、7、6の既存ユーザーに向いている。

あとX以降のユーザーも
M字ハゲ、Face ID、重い などの不満を解消
してくれるので買い替えに向いている。

ただし
・3Dタッチ廃止
・カメラはiPhone8並み
・ガラスフィルムは専用品が必要

なので注意して購入をする事。

今回は以上です。



良かったら拡散をお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿